2011年09月30日

企業文化研究-コラージュ作成―

毎週大学院で行っている外国人留学生向け講座「企業文化研究」。

後期もスタートしたので、恒例のコラージュ作成から開始。

テーマは「日本の会社のイメージ」

ビジネス誌はじめとする30冊程度から適切な写真・記事・文字・記号を選択し、ワークで構成を考えるというもの。10チームのコンペ形式でみなさん力が入る。

成果発表は来週の授業。

20110929-1.JPG

20110929-2.JPG
posted by 小平達也 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

伝統型サービス業と新興型サービス業

週一コマ、講義を持っている武蔵野大学大学院。前期は日本企業概説。

今日は伝統型サービス業と新興型サービス業の特徴・共通点・違いについて前職での後輩、現在は弁護士の渡辺さんに登壇いただき、リアルな話をしていただく。

__.jpg

posted by 小平達也 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

企業文化研究の授業

大学院で講師をさせていただいて早3年目。

前期の日本企業概説が企業戦略や人材マネジメントについて理解できる内容になっている一方、後期の企業文化研究は経営者や上司・同僚とのかかわり方、リーダーシップやキャリア形成など、より人間にフォーカスをあてたものになっている。

個別具体論に入る前の、現在の取り組みは「日本企業文化」に対するイメージを形にするというコラージュ作成の授業。現時点での留学生それぞれの「日本企業文化」観を形式知化するほか、コラージュの元写真が掲載されている経済紙などに多く触れる機会を作るという狙いもある。

101007 写真1.JPG

101007 写真3.JPG

101007 写真6.JPG
posted by 小平達也 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

5月6日 日本企業概説(大学院)

 ビジネス日本語に特化した大学院のコースである武蔵野大学 言語文化専攻 ビジネス日本語コースにおける留学生向け授業。

 前期の日本企業概説はマクロ的・経営組織論的な内容であり、企業戦略や人材マネジメント各プロセスについて理解できる内容になっている(後期の企業文化研究はミクロ的・組織行動論的なもので、経営者や上司・同僚とのかかわり方、リーダーシップやキャリア形成など、より人間にフォーカスをあてたもの)。

 今回はゲスト講師として、オリエスシェアードサービスの横田社長より貴重なお話を頂く。シェアードサービスの歴史的経緯と現状・未来のみならずミッション、経営理念、組織構造、リーダーシップや人材育成など、今後の授業で深めていく内容のキーワードが満載であった。経営者のリアルな声をクラスで直接きくことができるのは、学生にとってなによりもぜいたくな話だ。

 横田社長、貴重なお話をいただきありがとうございました! 
posted by 小平達也 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

新学期 日本企業概説(前期)

 日本で唯一、ビジネス日本語に特化した大学院のコースである武蔵野大学 言語文化専攻 ビジネス日本語コースにて留学生向けに週一回授業を持っているが今年度は本日から開始。

 科目としては前期は日本企業概説、後期は企業文化研究である。日本企業概説はマクロ的・経営組織論的な内容であり、企業戦略や人材マネジメントにおける各プロセスについて理解できる内容になっている。一方で企業文化研究はミクロ的・組織行動論的なもので、経営者や上司・同僚とのかかわり方、リーダーシップやキャリア形成など、より人間にフォーカスをあてたものになっている。従い、前期・後期セットで履修をすると、日本企業での就職やキャリア形成を踏まえた組織を総合的に理解できるようになっているプログラムだ。

ケーススタディ、映像教材、ゲスト講師である企業人の講話、など盛りだくさんではあるが、限られたなかで出来る限り質の高いプログラムを提供したい。


posted by 小平達也 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。