2014年06月03日

【無料】<ローカル社員の戦力化>海外市場開拓・売上アップのためのソリューションシート

海外展開の最大の課題は顧客、販路開拓になっていますが、これができず拠点の撤退・移転をする企業も少なくありません。

「ローカル社員の戦力化さえできれば、高い駐在コストの削減と売上UPを同時に達成できる」

とお気づきの方も多いのですが、肝心のポイントを押さえることができずに

「逆に離職や、いるだけのぶら下がり社員化」を招いてしまうことがあります。
           

『海外市場開拓・売上アップのためのソリューションシート』ではローカル社員の戦力化のための各ポイントを紹介しています。(提供は予告なく終了することがあります。予めご了承ください)






posted by 小平達也 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

「グローバル経営を考える人事部長の会」第2期の案内をリリース

「グローバルHRリーダーズフォーラム(グローバル経営を考える人事部長の会)」、第2期の案内がリリースされました。

この会は人事部長クラスを対象としたものであり、以下のようか問題意識をもつ方にお勧めです。

・「経営戦略」と連動し、それに貢献する「人事戦略」を探求したい

・我が社に最適なグローバルHRの在り方を学びたい

・グローバル人事戦略について、新しい視点、ブレークスル―を得たい

・人事部門のリーダーシップ、プレゼンスを高めたい

・他社人事部門リーダーとネットワークを構築したい

・人事役員経験者、有識者の助言、アドバイスを得たい


2期目の幹事体制は以下の通りとなっています。

幹事体制:(敬称略)
・旭化成株式会社 人財・労務部 部長 橋爪 宗一郎氏
・株式会社キトー  経営管理本部 部長代理 白石 康久氏
・スカパーJSAT株式会社 執行役員経営戦略本部長代行 兼 人事部長 江口 覚郎氏
・ソニー株式会社 人事部門人材開発部 統括部長 山本 洋史氏
・日本たばこ産業株式会社 人事部 次長 長谷川 淳氏
・株式会社LIXIL 人事総務本部 国際人事部 部長 日高 克広氏


アドバイザー
株式会社東芝 顧問 谷川 和生氏
元グラクソ・スミスクライン株式会社 VP&取締役/人財本部長 深野 誠氏

研究協力委員
グローバル人材戦略研究所 所長 小平 達也(株式会社ジェイエーエス 代表取締役社長)


詳細はこちらをご参照ください。
「グローバルHRリーダーズフォーラム(グローバル経営を考える人事部長の会)」
※一般社団法人企業研究会による主催です。



posted by 小平達也 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

海外現地法人の売上高、8期連続で増加/11年7〜9月期

経済産業省は21日、「海外現地法人四半期調査」の結果を公表した。

2011年7〜9月期における日本企業の海外現地法人の売上高(ドルベース)は前年同期比7.8%増と8期連続の増加となった。地域別では、欧州(同15.0%増)、アジア(同7.8%増)、北米(同3.1%増)、とすべての地域で増加した。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/genntihou/result-1/231221.html


posted by 小平達也 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

日産、インフィニティブランドのグローバル本社を香港に移転

日産はインフィニティのグローバル本社機能を、新たに香港に設置することを発表

11月2日つけ、同社リリースは以下の通り。

**********************************************

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は2日、日産の高級車ブランド、インフィニティのグローバル本社機能を、新たに香港に設置することを発表しました。

同社は今後、日産の中期経営計画「日産パワー88」で掲げた戦略的目標達成に向けて、インフィニティブランドのグローバル販売台数を50万台に増大する計画であり、今回の決定はその一環であります。

インフィニティブランドの成長戦略の一端は、中国をはじめ、急速に拡大するアジア市場に支えられることを見込んでおり、関連する様々な機能を香港に集中させることで、より効果的に事業運営することが可能になります。同ブランドの新たな本社機能は、新しく設立される、日産環球股份有限公司(NGL)の一部となります。

日産の副社長であるアンディ パーマーは、「インフィニティが北米、欧州、中国及び東南アジアなど、グローバル高級車市場で成長する中、本ブランドの最適なグローバル本拠地として香港を選びました。これは、ニッサンブランドや競合する他の高級車ブランドとは異なり、インフィニティブランドがアジアブランドならではのおもてなしのこころを高める好機だと思います。そして、香港をホームとする唯一の自動車ブランドになれることを誇りに思います」と述べました。

インフィニティのグローバル本社には、日産の新たなオフィスが併設され、2012年4月より香港で事業を開始する予定です。

NGLの一部となるこれらの部署は、日産の中期経営計画「日産パワー88」で掲げた戦略的目標達成に向けて、重要な役割を果たしていきます。

香港の新オフィスには、日産のグローバルマーケティングコミュニケーション部門の一部も移転します。グローバルなメディアの重要拠点である香港で、グローバルマーケティング及び広報活動を推進し、中国全土、インド及びASEAN地域へ活動を広げていきます。

***********************************************

引用終わり。
posted by 小平達也 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

パナソニック 調達・ロジスティクスの本部機能をシンガポールに移転

パナソニックが海外調達部材のグローバル活用を拡大を目的に、調達・ロジスティクスの本部機能をシンガポールに移転しアジアを起点としたロジスティクス体制を構築

10月31日つけ、同社リリース内容は以下の通り。

************************************************

パナソニック株式会社は、調達・ロジスティクスに関わる本部機能を、2012年4月より、順次シンガポールに移転します。

パナソニックグループは、創業100周年を迎える2018年のあるべき姿である「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」の実現に向け、中期計画「GT12」において、成長へのパラダイム転換に取組んでいます。
その一環として、徹底したグローバル志向を目指す中、調達・ロジスティクスの本部機能においても、グローバルに最適化を進めてまいります。今回の移転は、当社として初めて、グローバル本社の職能本部機能を海外に移転する取組みとなります。

調達部門については、海外調達部材のグローバル活用を拡大するため、一部の集中契約機能を含む調達本部機能をシンガポールに移転し、契約から調達までの一気通貫の体制を現地に構築いたします。海外調達力の強化とともに、技術品質部門との連携による現地部材の認証のスピードアップによって、最適地購買を加速。海外での購入先の開拓を進め、原材料高への対応と、コストダウンを加速してまいります。

また、ロジスティクス部門については、完成品・部材ともにアジア発の物量が増加していることを背景に、アジアを起点としたロジスティクス体制を構築するため、ロジスティクスの本部機能を移転します。アジアの海上・航空物流のハブ拠点であるシンガポールを拠点としてロジスティクスの合理化に取組み、コストを削減してまいります。

これに伴い、本部長を含む十数名が、シンガポールに移り、調達・ロジスティクスの戦略機能・グローバルオペレーションを統括します。
なお、ドメインおよび本社機能との連携や、日本における調達・ロジスティクスに関わる部分は、日本に残します。

当社は、これらの取組みなどを通じてグローバル志向へのパラダイム転換を進め、「成長力溢れるパナソニックグループ」を目指してまいります。


************************************************

引用終わり。

本社機能のグローバル化については「日本本社グローバル化対応のポイント」 産労総合研究所 人事実務(2010年12月1日号)で寄稿しているのでよろしければご参照ください。

また、大きな本社、小さな本社どちらがよいかという議論については「戦略本社のマネジメント―多角化戦略と組織構造の再検討」(上野 恭裕)などが参考になるでしょう。


ちなみに以下は本社そばにある松下幸之助歴史館。ここを訪問すると、松下幸之助が戦後いかに多くの企業経営者に影響を与えてきたか改めて認識をすることができる。
松下幸之助歴史館C入口絵巻.JPG
posted by 小平達也 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。