2009年11月18日

中国の大学が直面する2012年問題


 中国の教育関係者と面談。

 中国では卒業後就職・進学・留学をする学生割合が80%を下回ることが3年連続した場合、その学部は廃止となるルールが施行される。

 実施が今年度からなので、中国の教育関係者にとっては「2012年問題」とも言えるだろう。



 
posted by 小平達也 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

圏子

2007年より中国情報局(サーチナ)で連載中だが、今回は

「圏子」

を日本・欧米・ベトナムとの比較を交えて紹介。



posted by 小平達也 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

中国・増える新卒失業者、減る給与

 中国では卒業後半年過ぎても失業状態にある卒業生は73万5,600人にのぼると推計されている(2009年就職青書)。

 一方、主要大学の2008年卒業者の卒業後半年時点の月収は、07年卒と比べると14%減、2,549元(約36,000円)に落ち込んだという。ちなみに非重点大学の卒業者の月収は、11%減の2,030元だったとのこと。

 大学卒業生数はインフレ・給与はデフレという状況である。これは一般論的視点であるがあわせて卒業後海外留学・海外就職・研究機関での就職等する最トップ層・トップ層の動向は別建てで理解をしておくことも肝要と考える。


posted by 小平達也 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。