2016年08月31日

【無料配布】多様な部下に対応!コミュニケーション・マネジメント・育成ポイントがわかる『グローバルマネジメント90日間実践ノート』提供開始

gm_90days_01.jpg

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに外国人社員の活用・育成を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は外国籍社員はじめ多様な部下に向き合う際のコミュニケーション・マネジメント・育成ポイントがわかる実践のための支援ツール『グローバルマネジメント90日間実践ノート』の無償提供を開始致しました。

(提供の背景・期待される効果)
初めての海外赴任先で「グローバルマネジメント3つの壁」と言える「アウェイである海外で言語、習慣等の違いへの対応」「より高いポジション・責任への対応」「海外で『いきなり』管理職としての対応」に直面している方も少なくありません。今回提供を開始する実践ノートを活用することにより、赴任者がより適切に外国籍スタッフと向き合い・成長を支援することが可能となります。
本実践ノートは、日本国内で外国人部下を持つ方や国籍に関わらず多様な部下のマネジメントの必要のある方にもご活用いただける内容となっています。

<主な対象者>
・海外駐在員または海外駐在の可能性がある方
・日本国内で外国人部下をもつ方
・国籍・性別・年齢・契約形態等、多様な部下の育成・マネジメントの必要のある方

<特徴>
・多様な背景をもつ部下と向き合う際の6つの必須分野を体系的に網羅
・6つの分野別に30日・60日・90日ごとに各項目を記入する形式となっており、振り返りおよび今後の行動計画が容易に立てられる
・国内外で多様な部下とのコミュニケーション・マネジメント・育成に役立つ内容

<構成>
『グローバルマネジメント90日間実践ノート』は6つのパートから構成されています。
(1)「違い」の理解  
(2)「違い」への対応
(3)「違い」を価値創造に変える
(4)異文化チーム形成
(5)部下の育成
(6)マネジメント持論作成

各パートに【ポイント・留意すべきこと】が記載されており、それに基づいて「目標・留意すること」と「達成できたこと」及び「今後の課題」を自由に記入できるノート形式になっています。

posted by 小平達也 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

赴任前〜駐在3年未満の海外駐在員の方向けご案内

「日本で行っていた管理・指導方法が通用しない」
「目先の仕事に追われる日々で肝心のマネジメントについて考える機会がない」
「国民性による考え方の違いを知りたい」
「部下が自主的に動かない」

これらは海外駐在員から多く寄せられる声ですが、以下は
赴任前〜駐在3年未満の海外駐在員の方向けご案内です。

赴任前〜駐在3年未満の海外駐在員の方向けご案内

【駐在員向け】オンライン研修案内.jpg


<関連情報>
【無料チェックシート】 駐在員が絶対に押さえておくべき20のポイント

■Facebook:グローバルマネージャー検定

■Facebook:【オンライン研修】グローバルマネジメント基礎講座


posted by 小平達也 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

【チェックシート 無料ダウンロード】<労務・人材リスク> 駐在員が絶対に押さえておくべき20のポイント

チェックシートであげる20の項目は労使紛争、ローカル社員の離職、さらには駐在員のメンタル問題にも関係する大切なものです。簡易チェックができますので自己診断にご利用ください。

<労務・人材リスク> 駐在員が絶対に押さえておくべき20のポイント

チェックシートjpg.jpg


<関連情報>
【オンライン研修】グローバルマネジメント基礎講座に関し、最新情報を発信しています。
■Facebook:グローバルマネージャー検定

■Facebook:【オンライン研修】グローバルマネジメント基礎講座
posted by 小平達也 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

グローバル人材のプールづくりは?

「事業のグローバル展開に対応できる人材が不足している」

「本来は社内の中堅クラスに対応をしてもらいたいのだが、今までずっと国内業務のため、海外対応ができない。とは言え簡単に外から経験者採用できるわけではなく、若手の育成にも時間がかかる。」


いわゆる、「グローバル人材のプールができていない」という問題です。

このような状況でもビジネスは待ったなしなので、実際には経験や適性が足りなくても海外赴任をさせるケースが多く、実に多くのビジネス現場で「うまくワークしない」状況が発生しています。


「せめて赴任前にグローバルマネジメントの研修が受講を」ともいわれるものの、海外赴任者の実に75%が赴任前/赴任後の研修を受けていないことが判明しています(※ http://ja-sol.jp/report.html)。


オンライン研修(eラーニング)「グローバルマネジメント基礎講座」はこのような課題をうけた「グローバル人材のプールづくり」にも対応したソリューションとなっています。

posted by 小平達也 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

【インタビュー】賃金事情(産労総合研究所)  「駐在員に求められるマネジメント能力とコミュニケーションとは」

賃金事情 2012年11月20日号(産労総合研究所)のインタビュー記事です。
よろしければご笑覧ください。

テーマ「駐在員に求められるマネジメント能力とは」

・現地法人の機能が高度化―本社との関係,位置づけ―
・駐在員に求められる能力も高度化―相手から「引き出す」マネジメント―
・段階を踏んで、異文化に適応する組織に―違いを価値に変える6段階理論―
・即刻・具体的に伝えるコミュニケーション―ほめことば、評価とフィードバックの使い分け―
・組織人材マネジメントの引継ぎ、研修―赴任後研修の必要性―
・ism を語り、信頼関係を築く―持論自説を語ることができているか―

インタビュー全文:「駐在員に求められるマネジメント能力とは」


posted by 小平達也 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。