2010年12月10日

日本企業のグローバル人事 過去10年の変遷とベストソリューション

12月8日開催のグローバル人材戦略研究会のテーマは日本企業のグローバル人事 過去10年の変遷とベストソリューション

10年来お付き合いいただいており、現在世界最大の人事コンサルファームであるエーオンヒューイット ジャパン 代表取締役社長 堀江社長に講師としてお話いただく。

グローバル人材戦略研究会は毎回定員10名という少人数で開催しているが、参加者のみなさんにとっては堀江さんの豊富な経験と理論で過去10年の変遷を振り返ることにより、これからの課題がより明確になったことだろう。


年内は今回で最後であるが、年明けのグローバル人材戦略研究会は1月に中国の税制について、2月は駐在員のメンタルケアを取り上げる予定。


posted by 小平達也 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

11月9日開催 グローバル採用プラットフォーム―多国籍企業による導入現状と日本企業による活用事例―

11月9日開催 グローバル人材戦略研究会

テーマ:グローバル採用プラットフォーム―多国籍企業による導入現状と日本企業による活用事例―

概要:アジアの新興国を中心にアメリカ・EU・中国・韓国および現地企業による優秀人材の争奪戦は、リーマンショック後も衰えることなく加熱を続けている。本社と現地法人が連携し、グローバル採用(※)の基盤となる「グローバル採用サイト/オンラインアプリケーション/データベース」の組み合わせからなるグローバル採用プラットフォームを活用することは多国籍企業においてはもはや常識であり、最低限必要な標準環境となっているともいえる。一方日本企業をみると、今後グローバル展開とグローバル人材マネジメントを推進をする出発点ともいえるグローバル採用プラットフォームの導入は技術面・コスト面からみても困難ではないものの日本本社においてはその現状はあまり知られていないという現状がある。

   今回の研究会では、多国籍企業のグローバル採用プラットフォーム導入の現状状とすでに導入している先端的日本企業における事例を紹介・共有することにより、日本企業が世界の優秀人材を確実に採用するための実践的方法を示すことを目的とする。  

  (※)ここでは「グローバル採用」を「グローバル戦略の中で、国境を越えて優秀なコア人材を確保する業務」と捉える。


講師: ジョブストリート・アセアンビジネスコンサルティング株式会社 取締役 菱垣雄介氏
   農林水産省勤務後、独立開発コンサルタントとしてアジアにおける経済開発事業計画に多数参画。現職に至る。アジア太平洋最大のインターネット求人サイトを運営するジョブストリート・グループの日本法人を設立。ASEANとインドのホワイトカラー700万人以上・顧客企業7万社などのネットワークを活かし、日本企業の地域戦略実施を支援している。

コーディネーター:株式会社ジェイエーエス 代表取締役社長 小平達也

詳細・お申込み:http://ja-sol.jp/information/?p=76
posted by 小平達也 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント

毎月(社)経済倶楽部で開催しているグローバル人材戦略研究会、次回10月20日のテーマは
外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント―。

テーマ:
 グローバル人材戦略研究会 10月20日(水)開催
 外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント―

概要:
 日本における外国人社員の採用・活用は増加しており、平成20年には13万7,362人に達しています。一方で、比較的促進の進んでいる企業規模上位100社においても外国人社員の比率は従業員1,000名あたり1人と非常に限られています。本社における外国人社員の採用・活用への対応を行っているものの、対応人数や緊急性など、優先順位は必ずしも高くないため、人事施策において十分な対応ができていない場合もあります。

 今回のグローバル人材戦略研究会では外国人社員の採用計画・募集・選考・入社・活用など人材マネジメントの各プロセスにおいて押さえておくべき50のポイントを紹介します。
※参加者には「外国人社員 採用・活用チェックシート」を配布します。


申込・詳細:http://ja-sol.jp/info/log/eid0.html

posted by 小平達也 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

9月3日開催 グローバル人材戦略研究会「外国人社員の採用・配属・育成・退社時の注意事項 ―在留資格の観点から―」

9月3日開催のグローバル人材戦略研究会
テーマは「外国人社員の採用・配属・育成・退社時の注意事項 ―在留資格の観点から―」

毎回定員10名の研究会(各回のテーマは随時追加・更新。ご興味のある回・テーマごとにご参加いただける)であるが、今回は実務面を中心に活発な意見交換が行われた。

100903.JPG


2010年版 外国人社員採用・活用ハンドブックにおける在留資格関連のなかでも採用・配属・育成・退社それぞれにおける注意ポイントを共有できた。

その他、「インターンシップ受入」「結婚時の対応」「異なる卒業時期への対応」など課題は幅広いが、大切なのは環境問題と同様、きちんと事前の予防措置をとっておくことである。多くの企業で活用いただいている「外国人社員採用・活用ハンドブック」は、人事部に1冊あると安心、と言っていただいている。

次回は10月20日開催予定。テーマは「外国人社員 採用・活用 押さえておくべき50のポイント」
  
posted by 小平達也 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

9月3日開催 外国人社員の採用・配属・育成・退社時の注意事項 ―在留資格の観点から―

9月3日開催のグローバル人材戦略研究会のテーマは「外国人社員の採用・配属・育成・退社時の注意事項 ―在留資格の観点から―」として開催。

<グローバル人材戦略研究会>
  
■テーマ:外国人社員の採用・配属・育成・退社時の注意事項 ―在留資格の観点から― ※範囲は2010年度版 外国人社員 採用・活用ハンドブックにおける以下の項目に相当します。

第2章 採用実務
(24)採用手続−4 在留資格(留学生採用時)
(25)採用手続−5 在留資格(海外大学出身の新卒者採用時)
(26)採用手続−6 在留資格(日本で経験者(転職者)採用時)
(27)採用手続−7 在留資格(受入出向者への対応)
(28)採用手続−8 在留資格(アルバイトの受入)
(29)採用手続−9 在留資格(インターンシップの受入)

第3章 活用実務
(6)ライフライン(一般適応)−1 外国人登録
(7)ライフライン(一般適応)−2 一時帰国手続(再入国許可証)
(8)ライフライン(一般適応)−3 在留資格(配置転換)
(9)ライフライン(一般適応)−4 在留資格(更新)
(10)ライフライン(一般適応)−5 在留資格(永住許可申請)
(11)ライフライン(一般適応)−6 在留資格(外国人社員の出産)
(12)ライフライン(一般適応)−7 在留資格(家族の受入)
(13)ライフライン(一般適応)−8 在留資格(退職)
(16)ライフライン(一般適応)−11 年金・年金脱退一時金

■日時:9月3日(金)15:30−17:30(開場 15:15)


■詳細:http://ja-sol.jp/info/log/eid1.html

※開催に先立ち、グローバル人材戦略フォーラムでは事前質問の受付中。

posted by 小平達也 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。