2019年05月26日

【研修】人生100年時代の成長戦略 北斎チャレンジ

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は世界を見据えたキャリア形成について考え・学ぶことの出来る研修プログラム「HOKUSAI Challenge 〜北斎からの挑戦状〜」を提供しています。

北斎チャレンジ.jpg


(HOKUSAI Challenge)

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか・・・リンダ・グラットンのベストセラー「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」では働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わるなかで100年時代の人生戦略を提唱していますが、実はそのヒントは日本の先人の生き方の中にありました。

今からおよそ200年前、鎖国中の江戸にいながらにして西欧に影響を与え、今なお世界にその名が知られる浮世絵師、葛飾北斎がその人です。90年に渡る生涯を通じ、常に学び成長を続けた北斎から我々が学べることとは・・・。

「なぜ、北斎は生涯にわたり常に変化・成長し続けることができたのか。」
「なぜ、北斎は“HOKUSAI”となり、国や時代を越え評価されているのか。」
「世界を舞台に評価される北斎から、私たちが学べることは何か。」

現代に生き、100年時代の人生のなかで未来を切り開いていく私たちへに突きつけられた挑戦状、それが「HOKUSAI Challenge」です。

<主な対象者>
 グローバルを見据え、キャリア形成を考えていく必要のある方

<構成>
『HOKUSAI Challenge−北斎からの挑戦状−』は5つのパートから構成されています。

T:大英博物館2017
生誕250年を超える北斎は今もなお、世界中で知られている。近年では、彼の作品が大英博物館にて特別展として展示され、世界各国から見学者を集めた。
 ・世界で注目される北斎
 ・ジャポニズム
 ・現代に見る北斎

U:多様な学び
変わりもの、と言われた北斎。彼の生涯における「絵」へのアプローチは、当時の画家たちと異なるものであった。
 ・北斎の人生
 ・様々なジャンルへの挑戦
 ・北斎の学び(あらゆることから学ぶ)
 
V:構図・誇り・遊び心
北斎は職人のプライドと遊び心を併せ持つが、譲ることのできないプライドもあった。
 ・北斎ブルーと構図
 ・画狂老人卍
 ・外国人に見せた意地

W:成長
死の間際まで成長し続けた北斎の生き方と成長し続けようとした姿勢とは何か。
 ・改名と引っ越し
 ・一から始める
 ・北斎享年90歳、死の床で

【ご案内】HOKUSAI CHALLENGE〜北斎からの挑戦状〜.pdf




posted by 小平達也 at 15:13| Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。