2019年05月17日

【ストレスの2種類と対処法】


グローバルな環境で仕事をし、変化に身を置く場合、以下のようなタイプ分けできます。

 ・海外⇒日本
 
 ・日本⇒海外
 
 ・学生⇒社会人
 
 ・担当者⇒管理職


これらはシンプルなほうで、実際には以下のように複雑になり、本人が感じるストレスの度合・負荷も周りが思う以上に高くなります。

(高負荷版)
 ・海外⇒日本と、学生⇒社会人、が同時に発生(海外大卒者の日本採用の場合)

 ・日本⇒海外と、担当者⇒管理職、が同時に発生(海外赴任者の場合)
 ※海外⇒日本と、管理職⇒担当者(海外よりの帰任時)もあり、帰任後の離職に繋がるケースもあり。

このように、職場環境等、変化のある時期でストレスも多くなりがちな時期ですが、ストレス対処法には「問題焦点型」と「情動焦点型」の2つあることはご存じでしょうか。


【ストレス対処法(コーピング)】

問題焦点型:ストレス要因に働きかけ、状況改善を図る(ストレス消失を図る)

情動焦点型:ストレス要因がもたらす感情に働きかけ、自らの認識を変える(ストレス緩和を図る)


 問題焦点型であれば、コミュニケーション面では、自分の考えを適切に伝えるアサーティブや、自己成長のための周囲への働きかけ方(フィードバックを得る方法)により、ある程度の対応が可能です。

 情動焦点型であれば、本人の認識を改める・視野を広げるというようなアプローチにより対応します。
 (仕事の意味・意義や、同じ事実でも認識・見方をポジティブに変換して言語化する、等)



人間である以上、ストレスと上手につきあっていくことが大切になりますが、自分(や悩んでいる周囲の方)が、そもそもどのタイプのストレスに直面しているのか、まずは分類してから対応方法を考えることが必要となります。




posted by 小平達也 at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。