2013年09月25日

グローバル人材のプールづくりは?

「事業のグローバル展開に対応できる人材が不足している」

「本来は社内の中堅クラスに対応をしてもらいたいのだが、今までずっと国内業務のため、海外対応ができない。とは言え簡単に外から経験者採用できるわけではなく、若手の育成にも時間がかかる。」


いわゆる、「グローバル人材のプールができていない」という問題です。

このような状況でもビジネスは待ったなしなので、実際には経験や適性が足りなくても海外赴任をさせるケースが多く、実に多くのビジネス現場で「うまくワークしない」状況が発生しています。


「せめて赴任前にグローバルマネジメントの研修が受講を」ともいわれるものの、海外赴任者の実に75%が赴任前/赴任後の研修を受けていないことが判明しています(※ http://ja-sol.jp/report.html)。


オンライン研修(eラーニング)「グローバルマネジメント基礎講座」はこのような課題をうけた「グローバル人材のプールづくり」にも対応したソリューションとなっています。



posted by 小平達也 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。