2011年11月01日

パナソニック 調達・ロジスティクスの本部機能をシンガポールに移転

パナソニックが海外調達部材のグローバル活用を拡大を目的に、調達・ロジスティクスの本部機能をシンガポールに移転しアジアを起点としたロジスティクス体制を構築

10月31日つけ、同社リリース内容は以下の通り。

************************************************

パナソニック株式会社は、調達・ロジスティクスに関わる本部機能を、2012年4月より、順次シンガポールに移転します。

パナソニックグループは、創業100周年を迎える2018年のあるべき姿である「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」の実現に向け、中期計画「GT12」において、成長へのパラダイム転換に取組んでいます。
その一環として、徹底したグローバル志向を目指す中、調達・ロジスティクスの本部機能においても、グローバルに最適化を進めてまいります。今回の移転は、当社として初めて、グローバル本社の職能本部機能を海外に移転する取組みとなります。

調達部門については、海外調達部材のグローバル活用を拡大するため、一部の集中契約機能を含む調達本部機能をシンガポールに移転し、契約から調達までの一気通貫の体制を現地に構築いたします。海外調達力の強化とともに、技術品質部門との連携による現地部材の認証のスピードアップによって、最適地購買を加速。海外での購入先の開拓を進め、原材料高への対応と、コストダウンを加速してまいります。

また、ロジスティクス部門については、完成品・部材ともにアジア発の物量が増加していることを背景に、アジアを起点としたロジスティクス体制を構築するため、ロジスティクスの本部機能を移転します。アジアの海上・航空物流のハブ拠点であるシンガポールを拠点としてロジスティクスの合理化に取組み、コストを削減してまいります。

これに伴い、本部長を含む十数名が、シンガポールに移り、調達・ロジスティクスの戦略機能・グローバルオペレーションを統括します。
なお、ドメインおよび本社機能との連携や、日本における調達・ロジスティクスに関わる部分は、日本に残します。

当社は、これらの取組みなどを通じてグローバル志向へのパラダイム転換を進め、「成長力溢れるパナソニックグループ」を目指してまいります。


************************************************

引用終わり。

本社機能のグローバル化については「日本本社グローバル化対応のポイント」 産労総合研究所 人事実務(2010年12月1日号)で寄稿しているのでよろしければご参照ください。

また、大きな本社、小さな本社どちらがよいかという議論については「戦略本社のマネジメント―多角化戦略と組織構造の再検討」(上野 恭裕)などが参考になるでしょう。


ちなみに以下は本社そばにある松下幸之助歴史館。ここを訪問すると、松下幸之助が戦後いかに多くの企業経営者に影響を与えてきたか改めて認識をすることができる。
松下幸之助歴史館C入口絵巻.JPG


posted by 小平達也 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。