2011年10月19日

インフォテリア代表取締役社長/CEO 平野洋一郎氏との対談 アットマークIT



海外から見た!ニッポン人エンジニア 連載11回目となる今回は、インフォテリア代表取締役社長/CEO 平野洋一郎氏との対談。インフォテリアは日本初のXML専門のソフトウェア企業として出発し、今年で13年目を迎える。主力製品の「ASTERIA」は、外資系および国内データ連携ソフト市場において、シェアナンバー1の実績を誇っている。他にも、スマートフォン用の企業向け情報配信・共有サービス「Handbook」やスマートフォン専用カレンダー「SnapCal」を8カ国語で展開している。

 同社は創業時から「ソフトウェアで世界をつなぐ」という理念を掲げている。「いまでも、いち技術者」と語る平野氏の目に、ニッポン人エンジニアはどう映っているのか


第11回 世界に通用するソフトウェアを作る合言葉は「読むな、作れ」





posted by 小平達也 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。