2010年10月26日

11月9日開催 グローバル採用プラットフォーム―多国籍企業による導入現状と日本企業による活用事例―

11月9日開催 グローバル人材戦略研究会

テーマ:グローバル採用プラットフォーム―多国籍企業による導入現状と日本企業による活用事例―

概要:アジアの新興国を中心にアメリカ・EU・中国・韓国および現地企業による優秀人材の争奪戦は、リーマンショック後も衰えることなく加熱を続けている。本社と現地法人が連携し、グローバル採用(※)の基盤となる「グローバル採用サイト/オンラインアプリケーション/データベース」の組み合わせからなるグローバル採用プラットフォームを活用することは多国籍企業においてはもはや常識であり、最低限必要な標準環境となっているともいえる。一方日本企業をみると、今後グローバル展開とグローバル人材マネジメントを推進をする出発点ともいえるグローバル採用プラットフォームの導入は技術面・コスト面からみても困難ではないものの日本本社においてはその現状はあまり知られていないという現状がある。

   今回の研究会では、多国籍企業のグローバル採用プラットフォーム導入の現状状とすでに導入している先端的日本企業における事例を紹介・共有することにより、日本企業が世界の優秀人材を確実に採用するための実践的方法を示すことを目的とする。  

  (※)ここでは「グローバル採用」を「グローバル戦略の中で、国境を越えて優秀なコア人材を確保する業務」と捉える。


講師: ジョブストリート・アセアンビジネスコンサルティング株式会社 取締役 菱垣雄介氏
   農林水産省勤務後、独立開発コンサルタントとしてアジアにおける経済開発事業計画に多数参画。現職に至る。アジア太平洋最大のインターネット求人サイトを運営するジョブストリート・グループの日本法人を設立。ASEANとインドのホワイトカラー700万人以上・顧客企業7万社などのネットワークを活かし、日本企業の地域戦略実施を支援している。

コーディネーター:株式会社ジェイエーエス 代表取締役社長 小平達也

詳細・お申込み:http://ja-sol.jp/information/?p=76


posted by 小平達也 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。