2010年09月09日

外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント

毎月(社)経済倶楽部で開催しているグローバル人材戦略研究会、次回10月20日のテーマは
外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント―。

テーマ:
 グローバル人材戦略研究会 10月20日(水)開催
 外国人社員の採用・活用―押さえておくべき50のポイント―

概要:
 日本における外国人社員の採用・活用は増加しており、平成20年には13万7,362人に達しています。一方で、比較的促進の進んでいる企業規模上位100社においても外国人社員の比率は従業員1,000名あたり1人と非常に限られています。本社における外国人社員の採用・活用への対応を行っているものの、対応人数や緊急性など、優先順位は必ずしも高くないため、人事施策において十分な対応ができていない場合もあります。

 今回のグローバル人材戦略研究会では外国人社員の採用計画・募集・選考・入社・活用など人材マネジメントの各プロセスにおいて押さえておくべき50のポイントを紹介します。
※参加者には「外国人社員 採用・活用チェックシート」を配布します。


申込・詳細:http://ja-sol.jp/info/log/eid0.html



posted by 小平達也 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。