2010年04月25日

5月7日開催 グローバル人材の「優秀さ」をどう見極めるか

グローバル人材の「優秀さ」をどう見極めるか

グローバル経営においては、従来の「国内・新卒一括採用」を前提とした採用・活用・育成・昇進における「優秀さの見極め」がそのまま機能することはもはや難しくなっている。

地域:「国内・海外」
対象:「新卒・中堅社員・幹部社員」
選考方法:「書類・適性検査・面接」

当日はこれらを分類・整理したうえで事例を共有していく。


概要:
グローバル人材の対象は日本国内においては「日本人社員のグローバル対応、留学生など海外人材、逆出向(インパトリエット、受入出向)」などがある一方、海外においては「日本人赴任者(エクスパトリエット)、現地社員、現地社員の第三国での活用」などがありその対象も多様であり、客観的な「優秀さ」の見極めが重要になっています。今回のグローバル人材戦略研究会ではこの「グローバル人材の『優秀さ』をどう見極めるか」をテーマに議論を進めていきます。

日時:5月7日(金)15:30−17:30

申込・詳細:5月7日開催 グローバル人材戦略研究会





posted by 小平達也 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。