2010年02月06日

本社のグローバル化

2月5日、グローバル人材戦略研究会を開催。今回のテーマは「2010年 人事のグローバル化」。これは人事実務1月号に寄稿したテーマであるが、今回は主に以下を中心に議論を進めた。

・本社のグローバル化
・採用(国内・海外)
・人材開発と多様性のマネジメント


前半の講義部分では「本社のグローバル化」の言葉の定義づけの整理をした。


<本社のグローバル化 3分類>

@現在の本社がグローバル経営(ガバナンス)

Aグローバル本社の設置(グローバル経営上、最適な場所に設置)

B○○が外国人
・株主(資本)
・経営者
・管理職
・一般社員  
※経営者、管理職、一般社員については「日本人のグローバル対応能力確保」も含む。

017.JPG


自社の現状把握や戦略策定・見直しに際しては「言葉の定義付け」を丁寧に行うこと、これは鉄則であり非常に重要な作業である。



posted by 小平達也 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル人材戦略研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。