2009年07月27日

グローバル会議開催 5つのポイント

中国情報局(サーチナ)連載第40回。

グローバル会議開催〜5つのポイント〜

我々の主要な仕事のひとつに、各国拠点から日本に一堂に会するグローバルマネージャー会議の企画・運営がある。本文でも紹介しているミッション、事業戦略・計画、業務内容、コミュニケーション、教育などそれぞれのアジェンダ設定・優先順位づけなどのメリハリは全社における重要テーマや自社事業展開がスタートアップ期、成長期、成熟期、再構築期など、どのフェーズにあるかによって大きく異なる。

通常、グローバル会議は海外法人の経営者や社員を対象としているが、本社主導でグローバルリソースの全体最適を目指すに際してはオフショア開発の委託先や連結対象ではない現地法人などを対象にするグローバル会議もある(大手電機メーカーのグローバルリソース戦略)。

グローバル連結経営において「国、社会、民族など背景の異なるメンバーがいるグローバルな人的リソースを日本発のグローバル企業としてどう束ねのか」が顧客企業とともに追及しているテーマである。



posted by 小平達也 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。